電気自動車での多様なアプリケーション

LG Chem 社は、電気自動車の駆動関連部品を必要としている自動車メーカー向けに、簡単で総合的なソリューションを提供しています。同社は電気自動車用の蓄電池だけでなく、モーター、インバーター、そして現在では車載充電器も製造しています。

また LG 社は、内燃機関 (ICE) 自動車で確立された TAPTITE® ファスナーの成功の歴史も知っており、電気自動車市場での採用にすばやく踏み切りました。たとえば、同社の新しい車載充電器は TAPTITE 2000® ファスナーを使用して組み立てられています。斜め噛みこみを起こさないセルフタッピング機能だけでなく、耐振動性や、もたらされるコスト削減もこのファスナーが選ばれた理由でした。

TAPTITE® ファスナーはまた、理想的な電気接地用ねじです。セルフタッピング設計が塗装や異物を切り開いて金属どうしを確実に接触させるためです。