TAPTITE 2000® SP ファスナーは、特に非鉄素材の袋穴で完全ねじ山の噛み合わせを最大にするために、標準の TAPTITE 2000® ファスナーよりも短いねじ先を備えています。

Taptite 2000 SPTAPTITE 2000® SP ファスナーは主にアルミニウムで使用されるため、応力腐食の可能性を最小にする CORFLEX®-N 熱処理 を行って提供されています。TAPTITE 2000® SP ファスナーを鋼材で使用する場合は、浸炭または CORFLEX®-I 熱処理を指定して注文することもできます。

TAPTITE 2000® SP ファスナーの短いねじ先では、袋穴での完全ねじ山の噛み合わせを最大にすることができます。穴が浅い場合は、完全ねじの噛み合わせを増やすことがしばしば重要になります。多くの場合、破壊モードをめねじ剪断から、一般的に鋳物で望ましいおねじ破断に推移させることができます。穴が深い場合には、短い ”SP” ねじ先によってファスナーを短くし、重量とコストを引き下げられる可能性があります。



TAPTITE 2000® SP Documents