注記: REMFORM® F は旧製品です。現在は REMFORM II® F™ 製品に置き換えられました。

REMFORM® ‘F’ ねじは樹脂用の REMFORM® ねじから派生した製品で、主にマグネシウムのアプリケーション用に設計されています。

REMFORM® ‘F’ ねじの独特なねじ山形状

REMFORM® ‘F’ ねじの独特な非対称のねじ山形状を構成する、角度の狭い追い側フランクは、引張荷重の負荷によるか、トルクによって引き起こされたかにかかわらず、引き抜きの力に耐えるように設計されています。 ねじ山を持つファスナーを締結したら、追い側フランクは頭の方向への引っ張りに耐えなければなりません。 ほぼすべての負荷は、ねじの追い側フランクと隣接する相手材のねじ山のフランクとの間にかかります。 進み側フランクは、相手材にめねじを成型する上でもっとも大きい影響を与えます。 進み側フランクの半径と狭い角度で交差する形状が、効率的な材料の体積移動と流れを促します。

REMFORM® ‘F’ ねじを使用するメリット

REMFORM® ‘F’ ねじの細い頂は、めねじ成型中のマグネシウムの干渉を最小に抑えます。 REMFORM® ‘F’ ねじは、REMFORM® ねじよりもピッチが狭くなっています。 狭いピッチによって、ねじの噛み合わせ長さが最小でも、複数のねじ山が噛み合います。 REMFORM® ‘F’ ねじは、ファスナーが完全な強度に達するために必要なねじの噛み合わせ長さが短くてすみ、過度に深い下穴の必要性が最小になります。

図 2 に、複数のサイクルを使用した場合でも、REMFORM® ‘F’ ねじがマグネシウムに一様なめねじをきれいに成型することを示します。

図 3 に、REMFORM® ‘F’ ねじでのめねじ成型において、ねじ込みとねじ戻しを 5 サイクル行った間にマグネシウムの相手材の下に置いてあった黒い紙を示します。 この黒い紙の上にマグネシウムの切りくずや切粉がないことも、REMFORM® ‘F’ ねじが強固で一様なめねじを成型し、ねじ込みとねじ戻しを繰り返してもこのめねじが欠陥のない状態を維持することを示しています。