Parabolic Profile™ ねじ山形状が新登場

TAPTITE® PRO™ めねじ成型ねじが、Parabolic Profile™ ねじ山形状の開発に伴って現在のめねじ成型技術を進歩させました。この革新的な新しいねじ山形状は、実証のある TRILOBULAR® の断面と組み合わせた場合、低いねじ込みトルクと、振動によるゆるみに対する優れた耐性を提供するのに加え、軸方向の引き抜き力が大きく、組み立ての総コストを削減します。これらの大きなメリットに加え、TAPTITE® PRO™ ねじは同等のサイズのマシンねじとほぼ同じトルクと軸力の関係を維持します。また TAPTITE® PRO™ ファスナーでは破壊モードが向上しました。標準のねじの噛み合わせ長さでねじを締めすぎた場合、ねじのねじ山内部で破壊が生じます。

この望ましい破壊モードにより、コストのかかる組み立てラインの修理のリスクが低減し、ねじ山の剪断による相手材や鋳造材の切りくずが減少し、ラインのダウンタイムによる関連する無駄が削減されます。これは重要な設計の改良で、スチールと白色の軟質金属の両方のアプリケーションで効果的です。現在と将来における広範囲の締結で、引き続きコストを節約できます。

Taptite Pro: Sketchfabedhebert が作成

TAPTITE® PRO™ Documents