斜め噛みこみは、ねじ山を持つファスナーを組み立てに使用する多くの工場で、毎日発生する問題です。一部の現場では、より難度の高いアプリケーションでこの問題が頻繁に発生するため、同じピッチで直径が 1 サイズ大きい特別な補修用のねじが交換の目的で常備されています。再作業と補修のコストは膨大になることがありますが、多くの場合、標準の作業手順として受け入れられています。

しかし、斜め噛みこみを防止し、その関連コストを抑える目的で設計されたファスナー、TRU-START® ファスナーが登場しました。TRU-START® の独特なねじ先の設計は、ねじ穴での斜め噛みこみを防ぐだけでなく、ねじ穴に入るときにめねじを見つけてファスナーの位置を合わせます。ファスナーの片側にねじ山がないことで、ファスナーが傾いた状態で相手材のねじ山と噛み合わなくなります。ねじ先の向きと角度は、ファスナーのねじ山のらせん角との関係から決定されました。斜め噛みこみは、たとえ組み立ての小さな割合であっても非常に高価になり得るので、これらのすべての機能が一体となって、コストの削減につながります。斜め噛みこみにより、組み立て品の損傷や破壊が起きる可能性があり、この結果として不要なダウンタイムや、高価な補修、高価な部品の損失などが発生します。また、斜め噛みこみは組み立て中にすぐわかるとは限らないため、組み立て時に検出されなかった斜め噛みこみによってさらに大きなコストが発生することもあります。多くの場合、締結部は異常のないように見え、形成された締結が意図した設計荷重に耐えられないという兆候はほとんど見られません。

TRU-START® ファスナーは、斜め噛みこみの締結を防止してコストを削減したいというエンドユーザーの要望に応えて開発されました。TRU-START® ファスナーは、適した等級の強度および仕上げでご用意できます。