注記: TAPTITE II® は旧製品です。現在は TAPTITE® PRO™ ファスナーに置き換えられました。

山の頂が鋭角の 2 ~ 3 の転造ねじ山を備えた TAPTITE II® めねじ転造ファスナー

TAPTITE II® ねじ転造ねじは、めねじ成型の際の摩擦を削減する TRILOBULAR® の形状をしており、ロックねじのレベルを超えるプリヴェイリングトルクを示し、そして最も重要なことに、振動によるゆるみに対する耐性を備えています。

TAPTITE II® の作成に使用された TRILOBULAR® の技術原理によって、すべてのサイズとピッチで効率的なめねじ転造ねじが生まれ、製造メーカーはサイズ 00 から 1 インチのように大きなねじまで、製造用のねじを効率的に使用できます。 これが可能なのは TAPTITE II® ねじだけです。競合各社の設計の場合、製造されているものは通常 M5 サイズまでで、TAPTITE II® ねじのように M24 まで提供している企業はありません。

TAPTITE® ねじではなく TAPTITE II® を使用する理由

TAPTITE II® ねじは、ファスナーメーカーとエンドユーザーの両方にメリットをもたらします。 TAPTITE II® ねじは、次の目的で設計されています。

  • より一貫性の高い製品を提供するために、より効率的な製造方法と工具の設計を提供する
  • 現在の最新の工作機械とファスナー製造装置の機能を利用し、今日の市場の品質と SPC 哲学に適用可能なものとする
  • 初代の TAPTITE®ねじも含め、他のすべてのめねじ成型ねじやめねじ転造ねじよりも、さらに一定したトルク性能を提供し、ねじ込みトルクを下げ、ねじ成型の初期に必要な推力を小さくする

TAPTITE II® Documents