旧製品 EXTRUDE-TITE® ねじは現在、そのほとんどが FASTITE 2000® ファスナーに置き換えられました。

Extrude-tite ファスナーEXTRUDE-TITE® ねじは、薄いシートメタルに軸部の丸い標準のシートメタルねじを使用した場合に発生する、「ねじ山の剪断」や「ねじのゆるみ」といった締め付けの問題を解決するために設計されました。

  • シートメタルアプリケーションでのトルク性能の向上
  • 低い推力
  • EXTRUDE-TITE® ねじはまっすぐに入りやすい
  • 締結に TRILOBULAR® テクノロジーを採用
  • 転造されたねじ山の密着により電気接地を確保
  • 組み立てにおいてより薄く軽量な材料が使用可能になりコストが低減
  • 組み立てラインでの「ねじ山の剪断」、「ねじのゆるみ」、ファスナーの斜めのねじ込みなどによる補修が低減または排除され、コストが低減
  • ねじ切り作業によって生じる切りくず、オイル、破片などの清掃が不要になりコストが低減
  • 組み立てが簡素化 (部品数が減少) され、コストが低減
  • 組み立て機器が簡素化され、コストが低減
  • 最初のゆるみ方向のプリヴェイリングトルクは、ロッキングトルクと振動ゆるみへの耐性を示し、EXTRUDE-TITE® ねじをシートメタルに使用した場合に高い値となります。
  • 押出成形穴での性能は、ドリル穴での性能よりもやや高くなります。
  • EXTRUDE-TITE® ねじは通常、材料を元の厚みを超えて前方および後方に押し出し、材料の押し出しを行わない場合に比べて 2 倍以上の噛み合わせ力を実現します。
  • 考慮すべき重要事項は、EXTRUDE-TITE® ねじは他のシートメタルねじに比べて剪断/ねじ込み比が極めて優れ、均一である点です。そのため、締結現場でより自由にドライバークラッチ設定を行うことができます。
  • EXTRUDE-TITE® ファスナーは、アプリケーションの要件に応じてさまざまなサイズの下穴で使用でき、満足な結果を得られることが試験によって示されています。
  • また、より厚みのある材料でも、めねじ成型型の位置決めファスナーとして使用できます。
  • EXTRUDE-TITE® ファスナーは、首下のロック機能を組み合わせることで究極の耐振動性と「抜け落ち」への耐性を実現し、鋭利なねじ先を選択した場合には布、プラスチック樹脂などの素材を貫通します。

EXTRUDE-TITE® Documents