FASTITE 2000® ねじは、組み立ての問題を解決する複数の機能を備えています。

Fastite ねじこの TAPTITE 2000® ファミリーの最新製品は、シートメタルへの締結時のねじ山剪断という古くからの問題に対処します。 このような薄い相手材の場合、エンドユーザーは締結の際にいくつかの最も難しい問題に直面します。 シートメタル製のコンポーネントを組み立てる際、ほとんどの人が、ねじ山の剪断耐性の低さが一番の問題であることにすぐに気付きますが、ファスナーの位置合わせや統計的に一貫した性能も、組み立てでの問題となります。

CA ねじ先:
小さな穴に進入してシートメタルの自己押し出し成形を行い、剪断耐性を向上させます。

アンダーカットヘッド:
ねじによって押し出された材料を吸収します。また、首下の接触面積が増えることで剪断耐性が向上します。

二条ねじ山:
薄い材料のめねじのねじ山の接触面が増加します。
まっすぐな状態でねじ込みを始められるように、ファスナーの位置を合わせます。

Radius Profile™ ねじ山:
TAPTITE 2000® ファスナーで使用されているように、高い破壊耐性と低いねじ込みトルクを実現します。

TRILOBULAR™ 軸部:
振動によるゆるみへの耐性を実現します。

オプションの首下セレーション:
剪断やゆるみへの耐性がさらに向上します。

注記: EXTRUDE-TITE® 2000™ ファスナーは FASTITE 2000® ファスナーの一条ねじバージョンです。二条ねじによる設計が認められない場合に使用してください。

FASTITE 2000® Documents