PUSHTITE® II™ ファスナーは、組み立て時間を短縮し、良好な保守性を提供します。 PUSHTITE® II™ による組み立て工程は、簡単な押し込み動作で完了します。

PUSHTITE® II™ ファスナーのロック溝はらせん状で、このらせん状のねじ山形状によって、PUSHTITE® II™ ファスナーは必要に応じた取り外しと再取り付けが容易であり、保守を可能にしています。

らせん状のねじ山形状と、TRILOBULAR® の断面の設計の組み合わせによって、施工時に取り込まれた空気が抜けます。 加工品に加わる油圧 (ボスの破裂) の影響は最小限に抑えられます。 PUSHTITE® II™ ファスナーの 70°-10° の準のこ歯ねじ山形状と、TRILOBULAR® のめねじ成型により、容易な始動と引き抜きに対する非常に高い抵抗力が確実に得られます。 一部の樹脂では、この引き抜きに対する強度が一定時間後に上昇します。

PUSHTITE® II™ ファスナーは、軸方向の力を使用して取り付けられるため、ねじ込みトルクおよびトルクに関連するすべての問題が発生しません。 PUSHTITE® II™ TRILOBULAR® めねじ成型ファスナーを推奨サイズの穴に垂直に 1 回打ち込むだけです。 手作業または超音波組み立て装置で取り付けることができ、回転駆動装置で取り付けるねじよりも短時間で作業ができます。

PUSHTITE® II™ ファスナーは通常、取り外し、調整、最終締結のために、頭にねじ込み部のある状態で提供されます。 調整や取り外しが不要の場合は、頭にスロット、リセス、またはソケットのない状態でも提供できます。 PUSHTITE® II™ ファスナーはめねじ成型ねじの標準のサイズの穴にも使用できるため、ほとんどの場合に穴のサイズを変更する必要はありません。 ファスナーは外径の呼び径寸法で製造されるため、標準の通し穴が適しています。