Taptite 2000 CATAPTITE 2000® CA ファスナーは、通し穴と下穴がずれている場合に使用するギムレットポイントをもっています。 また CA ねじ先は、すばやく穴を見つけたい場合や、フローティングナット材、またはアクセスが困難なアプリケーションにも適しています。

CA ねじ先は、とがったねじ先で、または先端を切り取ったやや丸まったねじ先でご用意できます。やや丸まったねじ先は、とがったねじ先がワイヤー、部品、組み立て品、作業員などにとって危険となる可能性がある場合に望ましい選択肢です。

TAPTITE 2000® CA ファスナーは、当社の熱処理プロセスのいずれかを使用して製造できます。選択肢として、浸炭 (サイズ M5 (#12) 以下の当社の標準の熱処理)、 構造的なアプリケーションまたは要求の厳しいアプリケーション向けの CORFLEX®-I 高周波焼き入れ、および非鉄アプリケーションのための調質 CORFLEX®-N があります。