Frequently Asked Questions

Common questions related to REMINC and CONTI fasteners.
POWERLOK® ファスナーと TAPTITE® ファスナーの違いは何ですか?

POWERLOK® ファスナーは、 ねじ穴で使用するために設計されており、ねじ山をロックし、振動に耐えるように設計されています。TAPTITE® ファスナーは、タップ加工されていない穴にそれ自体がめねじを成型します。 また、耐振動性にも優れており、電気接地用のねじとして最適です。

TAPTITE® ねじは組み立て時に斜め噛みこみを起こしますか?

そのようなことはありません。TAPTITE® は、取り付け時にねじ穴の空いていない相手材にめねじを成型します。このため、相手材にあらかじめねじ穴を空ける必要がなく、組み立ての総コストを削減できます。

TAPTITE® ファスナーはすでにねじ穴の空いた相手材で使用できますか?

はい。TAPTITE® のねじ山形状は、6H (メートル) または 2B (インチ) の相手材の内部に適合するように設計されています。 TAPTITE® ファスナーは組み立て時にめねじを成型するように設計されていますが、すでにねじ穴を空けた相手材に TAPTITE® ファスナーを使用する場合もあります。

TAPTITE® ファスナーで作られたねじ穴にマシンねじを取り付けることはできますか?

はい。TAPTITE® のねじ山形状は、それによって作られためねじに 6g (メートル) または 2A (インチ) の標準ねじ山形状がはまり合うように設計されています。

TAPTITE® ファスナーを塗料で埋まった下穴に取り付けることはできますか?

はい。下穴が塗料や溶接飛沫で埋まっていても、TAPTITE® ファスナーでめねじを成型できます。

ねじ穴が塗料で汚れ、マシンねじを挿入できない場合、TAPTITE® ファスナーを使用できますか?

はい。TAPTITE® 製品は塗料を貫通します。 また、当社の KLEERTITE® 製品は、ねじ込み時に塗料をかき出し、良好な電導性を実現します。

従来のマシンねじがいつもゆるんでしまうアプリケーションでは、REMINC / CONTI は何を推奨しますか?

このようなアプリケーションでは、POWERLOK II® ファスナーをお勧めします。POWERLOK® は、ねじ切りを行った相手材で使用する当社の金属製 TRILOBULAR™ ファスナーです。POWERLOK® ねじは、新型の 60° - 30° のねじ山形状と TRILOBULAR™ のねじ軸部を組み合わせることで、ロック機能を向上させています。 ねじ山がロック機能を形成すると同時に、30° の先端がめねじの谷底を貫通します。 POWERLOK® ねじは、ロック機能がファスナーの長さ方向全体に広がるため、着座していない場合でも振動に耐えます。このため、POWERLOK® ファスナーは調整ねじとして優れています。

ねじ穴に止めねじを取り付けなければならないのですが、ねじ穴が塗料で汚れています。どの製品を使用すればいいですか?

KLEERLOK® はこのようなアプリケーション向けに特別に設計されたファスナーです。これは POWERLOK® ファスナーのねじ先に塗料を除去する機能を備えた製品で、ねじ込みにより塗料が完全にかきとられます。 POWERLOK® のねじ山により、締め付け後の耐振動性が実現します。

ステンレス製の TAPTITE® ファスナーを、ステンレスまたはスチールの相手材にめねじ成型の目的で使用することはできますか?

いいえ。ステンレス製の TAPTITE® ファスナーでステンレス材またはスチール材にめねじを成型することはお勧めしません。非鉄金属 (真鍮、銅、アルミニウムなど) での使用に最適です。

ステンレス製の TAPTITE® ファスナーを、非鉄金属 (銅、真鍮、アルミニウムなど) のめねじ成型に使用できますか?

はい。ステンレス製の TAPTITE® ファスナーは、上記のような非鉄金属に簡単にめねじを成型できます。

TAPTITE® ファスナーを取り付け直すことはできますか? それとも、めねじが切り直されますか?

TAPTITE® ファスナーは取り付け直すことができます。めねじは切り直されません。このファスナーは、尖ったテーパー形状のねじ先によって、めねじの経路を見つけることができます。

TAPTITE® ファスナーは、1 つのねじ穴で複数回使用できますか?

はい。TAPTITE® ファスナーは、1 つのねじ穴で繰り返し使用でき、振動によるゆるみに対してある程度の耐性を維持します。

TAPTITE® ファスナーの取り付けにはマシンねじより大きいトルクが必要ですか?

はい。TAPTITE® ファスナーはマシンねじよりも大きなトルクを必要とします。これは、ねじ切りされていない穴にこのねじ自体がめねじを成型していくためです。これによって、あらかじめねじ切りを行う必要がなくなり、余分なコストを削減できます。

TRILOBULAR™ の断面形状が原因で、TAPTITE® ファスナーを使用した締結部はマシンねじを使用した締結部よりも早く錆が発生しますか?

いいえ。独立した認定研究機関による詳細な腐食試験により、TRILOBULAR™ ファスナーの耐腐食性能はマシンねじと比較して劣らないと結論付けられています。

TAPTITE® ファスナーは、TRILOBULAR™ の断面形状が原因でマシンねじよりもねじ山が潰れやすくなっていますか?

いいえ。TAPTITE® ファスナーは軸部のロビュレーションが低く抑えられて円筒形に非常に近く、直径はマシンねじよりもやや大きくなっています。 実際、このファスナーはマシンねじよりも少し大きい断面をもちます。 このため、TAPTITE® ファスナーでねじ山が潰れる値は通常、マシンねじよりも大きくなっています。

Licensee Login

Forget your password?

If you are a REMINC licensee and need login credentials, please call +1 (401) 841-8880
or email reminc@reminc.net