問題

引き戸は、施工者による現場での組み立てと調整が必要なユニバーサルブラケットシステムを使用して設計されていました。

施工は各案件によって異なるため、多くの施工条件に対応するように、引き戸を吊り下げるブラケットは多数の穴の空いた設計になっていました。しかし、ブラケットのそれぞれの穴に予備的にねじ切りを行うと、ブラケットが非常に高価になります。

また、従来のマシンねじでは斜め噛みこみの問題が生じ、ブラケットの交換と追加の施工時間によりコストが増加していました。

解決策

TAPTITE® ねじを使用することで、取り付けの柔軟性が実現しました。引き戸の施工者は、状況に合わせてユニバーサルブラケットの適切な穴を選び、TAPTITE® で必要な穴にのみ簡単にねじ切りを行うことができました。

お客様のメリット

引き戸を吊り下げるブラケットのすべての穴にあらかじめねじ山を切る必要がなくなったことで、部品のコストが大幅に削減されました。 TAPTITE® ファスナーはめねじを成型するため、斜め噛みこみもなくなり、施工プロセス全体がはるかに効率的になりました。