完璧な接地用ねじ

フォード・モーターは現在、REMINC の最も新しい製品である TAPTITE® PRO™ ファスナーをさまざまな車両の電気接地アプリケーションに使用しています。

フォード・モーターでは、車両性能における信頼性の高い電気接地の重要性を認識しています。このため、フォード独自の製造規格 WD957 では、電気接地アプリケーションに TAPTITE® PRO™ ファスナーのみを使用するように規定されています。

TAPTITE® PRO™ ファスナーは、取り付け時に相手材に直接めねじを成型します。この機能は接地アプリケーションに最適です。

TAPTITE® PRO™ ファスナーはめねじを成型するので、組み立て前に穴の中にあるくず、塗料、酸化物などは自然に除去されます。そのため、相手材に塗装やコーティングが施されている場合でも確実に金属同士が接触します。 最適な電気伝導性を確保するには、クリーンな接触が鍵となります。

TAPTITE® PRO™ ファスナーを超える性能を持つ電気接地ねじはほかにありません。