問題

ヘッジトリマーのブレードは、時間の経過や使用回数の増加とともにゆるんでいました。ヘッジトリマーの以前のモデルでは、カッターブレードの保持バーアセンブリは、5 つのマシンねじと対応するナットで固定バーに取り付けられていました。 これらのナットはロックのためにかしめられ、カッターバーが往復運動できるように、固定バーと保持バーの間に間隔を維持するワッシャーが配置されていました。

しかし、時間の経過とともに、トリマーの継続的な振動によってマシンねじとかしめたナットによる組み立てがゆるんでいました。 これによりブレードが分離し、効率的にカットできなくなります。

また、トリマーのブレードを研ぐには、ねじとナットを取り外す必要がありました。いったん取り外すと、かしめたナットはロック機能をほぼ失います。そのため、再度組み立てを行った後は、トリマーのブレードが振動によってさらに早くゆるむようになります。

解決策

トリマーのスチール製の固定バーにある下穴に 5 つの TAPTITE® ねじを直接ねじ込むように、トリマーのブレードアセンブリを再設計しました。 めねじ成型を行うこれらの TAPTITE® ねじに備わったロック機能により、マシンねじとナットによる以前の設計に存在した振動の問題が排除されました。これにより、製品は期待どおりに機能し、長期間にわたって効率のよいカット性能を維持するようになりました。

ヘッジトリマーブレードは、TAPTITE® めねじ転造ねじが最も適するアプリケーションの一例です。TAPTITE®ねじのブレークアウェイトルクと逆転方向のプリヴェイリングトルクは、ナットをかしめたマシンねじより大きく均一です。このようなアプリケーションでは、TAPTITE® ねじは 5 対 1 という優れた剪断/ねじ込み比を提供します。これにより、このメーカーの振動によるゆるみの問題が解決しました。

ただし、製品に対するメリットはこれだけに留まりませんでした。改良された設計では、TAPTITE® ねじが固定保持バーにめねじを成型するため、独立したナットは必要ありません。これにより、ナットをかしめる以前の組み立て方法も完全に不要になりました。お客様は、必要な部品数を減らし、組み立て時間を短縮して、コストの大幅な削減を実現しました。

TAPTITE® ねじは、ブレードの修理の際にも元のロック機能を失うことなく再度取り付けることができます。これによりブレードの研磨処理が容易になり、工具の使用寿命も長くなります。