現在および将来における要求の厳しい樹脂アプリケーション向けの設計。

REMFORM® II™ ファスナーは真円形状の軸断面と独特なねじ山形状を持つスレッドフォーミングファスナーで、現代の様々な種類の樹脂で卓越した性能を発揮します。 左右非対称のねじ山が半径方向応力を最小に抑え、ボスの破裂を低減します。 また、小さなねじ山角が樹脂製相手材の応力を低減します。

Unique Radius Flank™ 形状のねじ山

REMFORM II のねじ山REMFORM® II™ ファスナーは、右の図のように左右非対称の Unique Radius Flank™ 形状のねじ山を採用しています。 進み側フランクは、相手材にめねじを成形する上でもっとも大きい影響を与えます。 進み側フランクの放射形状が、効率的な材料の体積移動と流れを促します。 遊び側フランクの反対側にある圧力側フランクは、引張荷重の負荷あるいはトルクに誘発された引き抜き力に耐えるように設計されています。。 角度の小さい圧力側フランクには小半径の丸みが付けられ、引き抜きへの抵抗が増大し、効率的に軸力が発生します。 また、このフランクは材料との接触に優れ、めねじせん断を非常に起こしにくくなっています。 破壊モードがおねじ破断であるアプリケーションでは、REMFORM® II™ ファスナーのねじり強さが大きいため、破壊トルクが確実に高くなります。 このユニークなねじ山形状とねじ先の狭い角度により、材料が効率的に体積移動するため、めねじ成形に必要なエネルギーが最小限ですみます。 また、樹脂内の半径方向応力を増加させずにめねじを成形するように、ねじ先にも丸みが付けられています。



REMFORM® II™ ファスナーのユニークなねじ山形状

REMFORM® II™ ファスナーのユニークな左右非対称のねじ山形状を構成する角度の狭い追い側フランクは、引張荷重の負荷あるいはトルクに誘発された引き抜き力に耐えるように設計されています。 ファスナーの締め付け時に、追い側フランクは座面方向への引っ張りに耐えなければなりません。ほぼすべての負荷は、おねじの追い側フランクとそれに接するめねじのフランクとの間にかかります。 ねじ山の遊び側フランクは、相手材にめねじを成形する上でもっとも大きい影響を与えます。 遊び側フランクの放射形状が、効率的な材料の体積移動と流れを促します。

REMFORM® II™ ファスナーの強度

REMFORM® II™ ファスナーは強度の高いねじです。ねじ山ピッチが広い多くのファスナーよりもねじり強度が大きい REMFORM® II™ は、この強度と優れためねじ成形機能を活用して、ねじの噛み合わせ深さを長くすることができます。 一般的に保持力は、ねじの直径を大きくすることではなく、ねじの噛み合わせ深さを長くすることで得られます。直径を大きくした場合、コストが大きくなるのに対して、性能面での向上は比較的小さなものになります。REMFORM® II™ はねじの噛み合わせ深さが長いことにより、ねじ山の間隔が広い他のねじよりも性能が優れています。

ねじをねじ込むことができる噛み合わせ深さの最大長は、一般的にめねじせん断ではなく、おねじ破壊の強度レベルまでめねじが成形される位置までの長さです。 強度の低いねじの場合、このようなねじの噛み合わせ深さは不可能です。このように長い噛み合わせ深さを得るためにねじ込みトルクが高くなり、破壊トルクに近づくためです。 ねじの噛み合わせ深さがねじ破壊に至らない場合でも、REMFORM® II™ ファスナーは破壊トルクが高くねじ込みトルクが低いため、より広い範囲から使いやすい締め付けトルクを選択できます。

ねじ込みトルク

ユニークな形状と鋭い頂を持つねじ山により、相手材を効率的に移動でき、低いねじ込みトルクを実現しています。

高い破壊トルク

非常に高いトルク負荷を受けたときにねじがねじり破壊するアプリケーションでは、REMFORM® II™ ファスナーの高いねじれ強度が高い破壊トルクを確実にします。破壊モードがめねじせん断優先のアプリケーションでは、角度の狭い追い側フランクによって抵抗力のほとんどが半径方向ではなく軸方向に発生し、せん断を起こしにくくなっています。

組み立てが容易

ねじ込みトルクと破壊トルクの差が大きいため、破壊トルクから十分な余裕をもった締め付けトルクで組み立てを行うことができます。 この大きなトルク差は、めねじせん断による相手材の損傷リスクを下げ、確実にすべてのねじを完全に締結します。

半径方向応力の低減

REMFORM® II™ ファスナーの進み側フランクの放射形状は、ねじ込み時と締め付け時の半径方向応力を低減させます。鋭角の追い側フランクは、ファスナーの引っ張りによって発生した力のほとんどをねじの軸方向に伝達し、ボスを破裂させる半径方向の力を最小に抑えます。

品質

REMFORM® II™ ファスナーは、包括的な高品質設計を念頭において開発されました。多くのファスナーは、ファスナーの製造工程をほとんど考慮せずに開発され、これらの製造工程における制限がファスナーの設計にも影響を与えます。この結果、効率的に製造できない設計が生まれます。さらに、軸部全体にわたって意図した形状を維持できないファスナーになり、ねじ山形状が正しく製造されないか、意図した設計仕様からかけ離れてしまいます。通常これらの欠陥によって、仕様の所期性能が得られなかったり、高品質の組み立て締結ができなくなったりします。


REMFORM® II™ Documents